インテリア照明で素敵な空間演出

-InteriorLighting-

-月イチインテリア紹介-

インテリア用品を素敵に演出するスポットライトタイプのインテリア照明です。照明自信もクールなデザインですので、洋室のつくりであれば、どんな部屋にでも使えるのではないでしょうか?

更新&新着情報!

照明器具のインテリア性

皆様の住んでいる家にも勿論照明はある事かと思います。この時代に蝋燭だけで生活している吸血鬼みたいな方は居ませんよね?(;´∀`)

さてさて、その照明器具なんですが、勿論、明かりのある生活の為に必要になるわけですが、それ以外にも、使い方次第で快適な部屋作りや、素敵な空間を演出してくれるんですよ!
 お気に入りのインテリアソファをスポットライトで照らしたりとか、コレクションケースを照明でライトアップするとか、考えただけで((o(´∀`)o))ワクワクしてきますよね♪

照明器具はいままでの長い歴史の中で様々な形態がつくりだされ、技術や素材の発達で形態のバリエーションは無限ともいえますが、大きくは取り付けの位置や機能で分類されます。

又、照明は照らし方により、演出や効果もまったく違うものになります。照明の照らし方は、直接照明と間接照明に大きく分けられます。

直接照明と間接照明の違い

直接照明は光を直接対象物に当てる方法で、間接照明は光を一度壁や天井に当て、そこからの反射で部屋を明るくするものです。ソファと、まったりとムード作りを重視する最近の傾向では、ただ明るいだけの直接照明だけでなく、間接照明を上手に組み合わせた照明計画が取り入れられるようになってきました。

全般照明と局部照明について

また、器具の種類によって、部屋全体をまんべんなく照らす全般照明と、 部分的に照らす局部照明に分けることもできます。取り付け位置も天井のほか、壁面に取り付けるブラケットや、床や机上に置くスタンドなどがあり、組み合わせるとより効果的 な空間演出ができます。ソファでのリラックス効果もUPしちゃいます!!

照明器具を理解する事でインテリアを更に楽しむ

このように、照明器具を上手に組み合わせてソファ等のインテリアソファを引き立てるには、それらの特徴を知り、部屋ごとに最適な照明器具を選択することが大事です。特に、間接照明は内装材の反射率に大きく影響されるため、ソファや家具とのバランスを考えるなど事前に十分な検討が必要です。他にも、照らし方に直接関わってくる電球や電灯部分を変更する事でも、演出や効果が全然違ってきます。

知れば知るほど、照明器具はインテリアを楽しむ上で重要な役割を持っていることが理解できます。照明器具自信のデザインも色々有り、インテリア照明という照明すら世の中に出てきているぐらいですからね。どうでしょう、これを気に照明とインテリアの関係を学んで、素敵なお部屋造りに挑戦してみませんか?

勿論照明器具の本来の役割も忘れちゃいけませんよ?明かりを利用して安全に生活出来ないようだと、本末転倒になっちゃいます。

pickup

医師の募集・求人・転職サイトはABE医師転職実践マニュアル
http://www.abedr.com/
IKEAの通販
http://www.rakuten.ne.jp/gold/kagu-greenroom/
RAH横浜で取り扱うcalee
http://www.hellorah.com/brandlist/calee/
ふとん宅配クリーニング
http://www.tomioka-group.co.jp/
浦和のまつげエクステサロン「salon de more」でもっと美しくなる
http://salondemore.jimdo.com/